2008年07月30日

久々に明るい話題から…

今日仕事から帰宅するとゆうパックが届いていました。
何だろう?と中を開けると「おおさか東線スタンプラリー」のA賞の景品でした!
なんだかんだ我が家も家中ぬいぐるみだらけになってきましたが、これは大事にとっておこうと思います。

Dscf0088_3




さて、今日の怒りの矛先はわが職場の上司です。
「体が一番大事、無理は絶対しないでください」と事あるごとに言うくせに、
他の同僚に、「いつまでこんな調子で休まれるのでしょうか?今後業務に支障が出るようなら
他の人を代わりに入れることも検討しないと!」とか言っていることが判明しました。

私は正直5日フル勤務すると体調的にきついので週2日休んで治療に専念していましたが、
お言葉に甘え休んでこんな言われ方をするのはどうも納得出来ません。
金曜日からこちらも報復攻撃に出ようと思います。
posted by KANTA at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 当選
この記事へのコメント
KANTA様
 イコちゃん当選おめでとうございます。これ、かなりの確率だと思います。
 さて、交通事故の件ですが、四面楚歌ですね。
 労災に対する職場の対応が悪ければ、労働局に直訴する方法があります。実は私の妻が滋賀労働局で5年間臨時職員で働いていたのです。バスとの交渉と違い、この場合上司の対応が悪ければ、上司や会社を訴える事が出来ますが、職場には居づらくなります。まずは、その上司の事情聴取を別室でした方が良いと思います。
 デジカメの故障ですが、修理の見積もりを取り堂々と請求すれば良いです。事故の際の乗客の状況確認(怪我だけでなく携行品も)をしていない瑕疵はバスの方にあります。保険会社がゴネたら少額訴訟(60万まで出来ます)すれば良いのです。ついでに、相手側の不作為の慰謝料も請求すればいいです。少額訴訟の際に、無料の法律相談をすると完璧ですが、無料法律相談は都道府県や市町村が多いので、今回の場合、東京都のは避けた方がいいかと思います。
 2年前に実施して効果的だったのが、保険会社との直交渉の際に、カセットレコーダー(ICレコーダーではなく大きいタイプ)を置いて会話を録音しました(2回)。相手はそれだけでびびっていました。交渉も相手側より多人数が良いと思います。
 ながながとなりましたが、交渉にはこちらが有利な状況です。2年前、妻の事故にかなりテンションが上がりましたが、職場等に相談し、最終的には私の日当も勝ち取りました。バスとの交渉は大胆に、職場との交渉は慎重にする事をお勧めします。
Posted by トトロン at 2008年07月31日 22:21
★トトロンさん
私はこの間の熱中時間に出た時もちらっと話しましたが、以前車のセールスの仕事をしていました。
ですのでこういう事故の対応はそれなりに知識もありますが、
今回は対「職場」という初めてのケースでどう対応するか手探りの状態です。
金曜日、所属長と直接話をしようと思いましたが、突然休まれてしまいました…。
かなりいい加減で頭のおかしい人なのですが、都合が悪くなるとすぐしっぽを巻いて逃げてしまうようで困ったものです。

バスといえば月曜日に交通局の事故担当者と電話で運転手からまだ謝罪がないのはなぜと質問したのに今日現在まだ何も連絡がありません。
今度の月曜日まで待って誠意ある対応がない場合は刑事罰を重くしてもらうよう警察に連絡するつもりです。
Posted by KANTA at 2008年08月02日 18:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82089306

この記事へのトラックバック